FC2ブログ

イギリスとアンティークその他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ケンジントンのティー・ショップ「マフィン・マン」

ケンジントン・クローズ・ホテルの近所に、洒落たティー・ショップ、
「マフィン・マン」がありました。

ロンドン市内では、こういう雰囲気のいい喫茶店のようなもの、
テーブル・クロスを掛けてあって、ポットで紅茶を出して
くれる店って、一般の日本人が思っているよりもずっと
少ないのです。


IMG_2598_1_1.jpg



IMG_2610_1_1.jpg



ディスプレイも可愛い。
ステンレスのポットも、値札が付いていたので、売られているようでした。
メニューを見ると軽食もできそうでした。


IMG_2597_1_1.jpg



もう1回この辺りに来てクリーム・ティー(スコーン、紅茶に
ジャムとクロテッド・クリーム)をしようと思っていたのに、
この2日後に風邪をひいて、行動時間が極端に少なくなり、
結局、来られませんでした。

なんでも思いついたらその時にパッと実行しないと駄目ですね。
何回イギリス旅行をしても反省事項がのこります。

スコーンにつくのがクロテッド・クリームと書いてなくて、単に
クリームとしか書いてなかったのが気になりました。
やはり、クロテッド・クリームの方がいいですよね。もしかしたら
クロテッド・クリームが付くのかもしれませんけど、クロテッド・
クリームではないクリームを付ける店もあるらしいし・・・。

ちなみに、日本人はクロテッド・クリームと発音するし、カタカナでも
そう書くのですが、以前スーパーマーケット Waitrose で、「クロテッド・
クリームはどこにありますか。」と尋ねたら、1回では通じなくて、
2、3回言うと、やっと、「おー! クロティド・クリームですね。」と
言われました。

「テッド」と「ティド」は、大して違わないのに通じないものですね
(それとも、わたしの発音が下手なのか)。


イギリス |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。