FC2ブログ

イギリスとアンティークその他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ミルク・ガラスに魅せられて

日本ではアメリカの Fire King が圧倒的に人気があって
日本の骨董フェアでは、Fire King その他のアメリカの
耐熱性ガラス専門のストールも見かけるのですが、
イギリスのミルク・ガラス(耐熱性)は、日本では
あまり見かけません。

でも、ほかの方のブログを拝見していて、イギリスの
Old Pyrex のミルク・ガラスに興味を持ち始めました。

Old Pyrex のほかに、Phoenix のものもあるのですが、
イギリスのアンティーク・マーケットを見る限り、Phoenix の
ものはほんの少ししかありませんでした。短期間の旅行では
見つけるのがむつかしいようです。


ほかの方のブログによると、イギリスで作られた Old Pyrex の
刻印には3種類あって、

1. 1920年代から1953年までに製造された製品には JP マーク

2. 53年以降のものには王冠マーク

3. その何年か後のものには王冠マークと JAJ の文字

が入っているそうです。

ネットで調べてみると、JAJ というのは、パイレックスの
ライセンスを取得した、イギリスの会社
James A.Jobling and Co. Ltd を意味するようです。


私は、何年か前に、1個だけロンドンのエンジェル・アン
ティーク・マーケットで蕎麦ちょこと同じ大きさと形のものを
買ってありました。1個しか持ってないけど、この色違いの
ものを何種類か見かけたことがあります。

これには王冠マークが入っていますが、JAJ の文字は
ありません。


IMG_4034_1_1.jpg



これと同じものを持っている方々は、どんな使い方をして
いるのかわかりませんが、これを売っていたおじさんは、
日本のお茶を飲むのにいいんじゃないかと言っていました。

私は、普段の和食にちょっとしたもの(たとえば、下の
写真では新ショウガの甘酢づけ)を入れたりしています。
冷やし素麺(つけめん)の「つゆ」を入れてもよさそうです。


IMG_4035_1_1.jpg



2009年のイギリスの旅では、ミルク・ガラス(Old Pyrex
または Phoenix)をかなり意識して、見てまわりました。

Old Pyrex の JP マークのものは1種類しか見かけ
ませんでした。JAJ マークのものより値段が高く、
透明で気泡もあることはあったけれど、1個しか
なかったのと、ほかに重たいもので買おうか
どうしようか迷っていたものがあったために、
買いませんでした。

その JP マークのものを買わなかったことを帰国後
後悔しています。

JP マーク以外のミルク・ガラスも、思ってたより見かけません
でしたが、いくつかは買ったので、これから時々、少しずつ
アップしますね。


ミルク・ガラス |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。