FC2ブログ

イギリスとアンティークその他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Old Pyrex のミルク・ガラス(Chelsea)

イギリスに行っても、ミルク・ガラスを期待していたほど
見つけることはできなかったのですが、Old Pyrex の
Chelsea という柄のものを、やっとロンドン郊外で
見つけました。

1960 年代に作られた Chelsea という柄は、地味ですが、
とても上品です。

アメリカ在住の方のブログでも、「イギリスの
Pyrex は上品だ。」と書いている方がいました。



ミルク・ジャグと砂糖入れが揃うとやっぱりいいですね。

一般的に、カップ&ソーサーは数が多くて、わりあい見つけやすい
けれど、ミルク・ジャグは案外少ない気がします。


IMG_4042_1_1.jpg



私は砂糖入れは使わないので、普通は買わないのですが、
ミルク・ジャグと砂糖入れがセットになっていました。

この砂糖入れは、けっこう深さがあるので、普段の和食の
お惣菜を入れる小鉢として便利です。


IMG_4073_1_1.jpg



カップ&ソーサーも手に入れました。
このカップは、ソーサーなしで、小さめのマグとしても
使えそうです。


IMG_4111_1_1.jpg



これで、ミルク・ガラスでお茶できることになりました。
うれしい~。


ミルク・ガラス | コメント:8 |
<<King's Road から Cale Street へ | HOME | Noddy 君の本>>

この記事のコメント

ミルク・ガラスということばを始めて学ばせていただいていますが、とても模様が素敵ですね。ミルク色の地に良く合います。これもシリーズで様々なアイテムが出ているのですか。
2009-09-11 Fri 12:29 | URL | adams66 [ 編集]
adams66 さん

この柄は、イギリスの Old Pyrex の中でも地味なほうですが、イギリスでは人気があったらしいです。くせがなくて、使いやすいです。
ほかの柄より、今でもわりあい出回っていて比較的集めやすい気がします。
このシリーズでは、ほかに、プレート、キャセロール、グレービーボート、ボウルなどが出ているようです。
個人的な感覚ですが、陶磁器のカップに比べて、ミルク・ガラスのカップには茶渋が付きにくいみたいです。
2009-09-11 Fri 18:49 | URL | rumba [ 編集]
私と同じHNのchelseaなんですね!なぜにこの名前をつけたかというと、ロンドンの地名の中で一番気に入ってるからなんです(単純~)。携帯アドレスもこの名前使ってます。すでに10年以上・・・愛着があります(笑)。
この柄は確かコレクタブルズガーデンさんで見かけたような・・。繊細に書かれた模様がとってもいいですね。
2009-09-11 Fri 21:56 | URL | chelsea26 [ 編集]
chelsea さん

名前を呼び捨てにしているみたいでごめんなさい。でも、この柄は、地味でシックなところが、いかにもイギリスらしくて、いい名前だし、いい柄だと思います。
HNの由来はそういうことだったのですね。わたしもそのうちHNの由来をブログで書こうかなと思っていたのですが・・・、Chelsea という地名と関係があるんですよ。
大昔、ロンドンで、ごく初歩的なレベルのタップダンスと社交ダンスを習っていたのですが、その場所が Chelsea にありました。社交ダンスには、ワルツとか、タンゴとかいろいろな種目があるのですが、その中で一番好きだったルンバ(Rumba) を Handle Name にしました。Chelsea で習った Rumba は、私の青春の想い出というわけです。
話がソレましたが、元へ戻ると、コレクタブルズガーデンさんで実物をご覧になっているのでお分かりでしょうが、写真よりも実物のほうが素敵ですよね。
2009-09-11 Fri 22:23 | URL | rumba [ 編集]
ミルクジャクとシュガーボウルのセット、いいですね~♪
短い滞在でこんなに沢山のミルクガラスと出会うなんて、
Rumbaさん運がいい!
わたしなんて、1年近く探していますが
まだ全然集まっていませんよー。

チェルシーでダンスを習っていらっしゃったなんて
素敵です。
あの辺りは街並みもお店も面白くて
(アンティークショップもチャリティショップも豊富にあって)
楽しいところですよね。
2009-09-12 Sat 04:57 | URL | Londomania [ 編集]
Londomania さん

ミルクジャグとシュガーボウルのセットって、
なかなか見つからないものですよね。
だから、最初にこのセットを見かけたときは
テンションが上がりました。
思ってたよりミルクガラスが出回ってないので
旅の途中から、柄にこだわらずに持って帰れるだけ
できるだけ沢山買うことにしました。
単品のもありますが、柄が揃ってなくても、
かまわずに使っています。

ダンスを習っていたといっても、初歩的なレベルで
週1回だけの、の~んびりしたレッスンでした。
数年前までは、渡英のたびに Chelsea の
キングス・ロードを歩いていたのに、ここ数年は
疲れやすいので、バスで要所要所に行くだけに
なりました。でも大好きなエリアです。
(7月に見たときは、Antiquarius というアンティーク・
モールは確か修復工事中かなにかで入れなさそう
でした。)
2009-09-12 Sat 10:52 | URL | rumba [ 編集]
こんばんは!
ミルクガラスって1つも持ってはいないのですが
ホットミルクやミルクティーなどの優しい色合いが
似合いそうだナァと何年も横目でみていました(笑)
使用したことはないけれど丈夫そうだし^^
色味が涼しげで飽きのこない感じでいつでも
さりげなく使えそうですね♪
2009-09-13 Sun 02:19 | URL | garuちゃん。 [ 編集]
garuちゃん。

私も6月までは1個も持ってなかったし、日本の
骨董フェアでアメリカの Fire King に群がってる
若い人たちを横目で見ながら、あんなものの
どこがいいんだろうと思ってました。
でもブログがきっかけで、目覚めてしまいました。
古い陶磁器のカップだと、柄の部分がとれそうな
気がして、左手で支えたりするんだけど、この
ミルクガラスだとマグみたいに安心して柄を
持てるんですよね。
和食に使っても違和感がないし♪
2009-09-13 Sun 11:58 | URL | rumba [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。