FC2ブログ

イギリスとアンティークその他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

PHOENIX のキャセロール(Grape)

ミルク・ガラスで、可愛くて使用頻度の高い大きさ(直径10.5cm)の
PHOENIX のキャセロールをネットでゲットしました。

大好きなぶどうのモチーフ、好きな形の持ち手、ふた付き、
しかもレアな PHOENIX、という、4つの買いの条件が整って
おり、「これを買わずして何を買えというのだ。」と自分で
自分に言い、迷わず購入。

底には、MADE IN ENGLAND BY PHOENIX の文字があります。

初めて見たとき、ふたのツマミの形と、持ち手の形が、ちょっと
アール・デコ風でもあり、スージー・クーパー風でもあるなと
感じました。

スージー・クーパーのケストレル・シェイプというシェイプの
ポットのふたのツマミがこういう形をしています。

購入した後で調べると、スージー・クーパー(1905 - 1995)は、
1930 年に自らの会社を設立し、アール・デコ全盛の時代に、
そのエッセンスを取り入れた作品を作ったということがわかりました。
ということは、このツマミの形がアール・デコ風でもあり、
スージー・クーパー風でもあると感じてもおかしくはない気がします。


IMG_4147_1_1.jpg



この持ち手とツマミの形が好きな証拠に、イギリスで人気のある
Old Hall のステンレスのポットも、以前、このふたのツマミの
似たような形が気に入って、購入しています。


IMG_4150_1_1.jpg



アメリカの Fire King に「サファイア・ブルー」という、角度によって
ブルーに見える素敵な透明ガラスのシリーズがあります。

そのシリーズにも小さなキャセロールがあります。でも、そのふたの
ツマミは、すべりやすくて、つまみにくいのです。

ところが、この PHOENIX のキャセロールのふたのツマミは
下の写真で分かるように、上の方が少し太くなっていて、
すべりにくく、つまみやすいようにできています。

まことに合理的、機能的なデザインです。


IMG_4159_1_1.jpg



ロンドンの常設のアンティーク・ショップの店主が、
「PHOENIX のガラス製品はデザインがいい。」と言っていたことが、
(形状的にも、機能的にも)納得できました。




コメントを書こうかなという気になった方は、「拍手」をクリックしてくださると、
励みになります。



ミルク・ガラス |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。