FC2ブログ

イギリスとアンティークその他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2階建てバス11番から見たロンドン

古いデザイン(Rootmaster)の11番の2階建てバスでは、1階の最前部、
運転手の背中にあたる部分に、「ルート11は、最も安い観光ルートです。」
という、11番のバスを宣伝するポスターが貼られていて、なるほどな~と
感心したものです。

11番のバスは、リバプール・ストリート駅から、シティを通り抜け、
セント・ポール大聖堂のそばを通り、フリート・ストリートから
トラファルガー広場、ビッグ・ベン、ウェストミンスター寺院など、
有名な観光スポットを通るからです。



私がこのバスに乗るのは、たいていチェアリング・クロス駅から。


IMG_3053_1_1.jpg



前方にビッグ・ベンを見ながら、Whitehall という大通りを走ります。
2階の最前席に座れると、気分は、「This is London.(これぞ、ロンドンだ~)」。


IMG_3059_1_1.jpg



ビッグ・ベンの前で右折。
このあたり、歩くとけっこう疲れるので、バスから観ることができて楽ちん。


IMG_3062_1_1.jpg



ウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)も、観光スポットです。


IMG_4010_1_1.jpg



New Scotland Yard というバス停がありました。

このバス停の反対側に、ニュー・スコットランド・ヤードがあります。
テレビドラマのポワロものをよく見るせいか、ここを通ると、ジャップ警部を
思い出します。


IMG_4013_1_1.jpg



ウェストミンスター大聖堂(Westminster Cathedral)。

「ウェストミンスター」と言えば、普通はウェストミンスター寺院を指します。
私は、ごく最近まで、このウェストミンスター大聖堂のことを知りませんでした。

ポワロのテレビドラマ「エッジウェア卿殺人事件」では、ウェストミンスター寺院と
ウェストミンスター大聖堂の違いが、殺人の動機の解明につながります。


IMG_4014_1_1.jpg



ビクトリア駅の横のバス停。

ロンドンから日帰りで郊外に出かけ、列車でビクトリア駅に戻ってくると
このバス停を利用することが多いので、私にとっては懐かしい場所です。


IMG_4015_1_1.jpg



スローン・スクェア駅の近くに到着。
大好きな煉瓦の建物たち。


IMG_4016_1_1.jpg



明日はロンドンを発つという、イギリス最後の日には、なるべくこの11番のバスに乗って
かなり感傷的な気分で、最後の日を惜しみます。
「イギリスも今宵限りか・・・。」と思うと切なくなって涙がポロポロ、ということも。



イギリス |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。