FC2ブログ

イギリスとアンティークその他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

日本の骨董フェア(蚤の市)で買った小さなもの

日本の骨董フェアでは、最近イギリスのものが減って、フランス、
アメリカ、北欧のものがふえ、さらにベルギーのものも出てきました。



スタンプ3個。

このうち、ヴィンテージ・スタンプは、フランスの羊だけで、
ほかは日本の現行品です。下手可愛い羊に惹かれて購入。

右端のエッフェル塔は、ちょっとシンプルすぎて物足りないのですが、
王冠は気に入っています。


IMG_4202_1_1.jpg



この3個のヴィンテージ・キーはアメリカの真鍮。

キーに合わせて鎖も同じ色がほしくて、家の中をさがしたら、
COACH のバッグのタグに真鍮色の鎖が付いていたので流用(真ん中のもの以外)。
今は COACH のバッグよりも、チープな古いキーのほうが、可愛い。

左端の変わった形の小さいキーはけっこう古いそうです(長さは 2.5 cm)。


IMG_4197_1_1.jpg



右端のキーはフランスのもの。やはり、イギリスのものとは形が違います。
それ以外の2つは、アメリカのもの。

真ん中のキーは、ペンダントにして着用しています。


IMG_4198_1_1.jpg



アメリカの糸巻き3個。

3個セットで売られていましたが、左端の、糸巻きに直接印字してあるものの方が、
右2つの、紙を貼ってあるものより値打ちがありそう(古そう)です。

近所の手芸店で糸巻きを見てみたら、今はみんなプラスティックなんですね。
やはり、木のほうがぬくもりが感じられます。

「裁縫しないのに買ってどうする」的な買い物ですが、プリンター・トレイに、
ほかの色んなものに混じって糸巻きが1個飾られていたのが、なぜか
かっこよかったので、つい・・・。



IMG_4200_1_1.jpg



ちょっと大きい木製の糸巻き(スプール)は日本のもの。
似たような形で、イギリスやフランスのものもありました。

レースやテープ、リボンを巻いてもよさそうです。


IMG_4201_1_1.jpg



フランスのヴィンテージ・ナンバー・テープ。

同じナンバーの長いテープも売られていますが、このように、
いろんなナンバーのものを少しずつパックにして買いやすいお値段にして
売っている方もいました。


IMG_4203_1_1.jpg



これもアメリカのもので、「こんなもの買ってどうする」みたいな物ですが、
売っていた方(買い付けした方ではなく手伝いの方だったようです)に、
「これ、何に使うんですか?」と訊かれたので、「ラッピングとかコラージュに
使ったり、しおりにします。」と答えておきました。


IMG_4204_1_1.jpg



アンティークと雑貨 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。