FC2ブログ

イギリスとアンティークその他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

チェルシー・タウン・ホールのアンティーク・フェア

King's Road にあるチェルシー・タウン・ホールでは、6~7年前までは
毎月アンティーク・フェアが開催されていたけれど、その後なぜか開催されなく
なっていました。

運営しているのは、Adams Antiques Fairs ですが、そこのサイトで、今年は
ここで年に5回開催されるということを知ったので、旅行のスケジュールも
このフェアに行けるように立てて、楽しみにしていました。

大昔に、ケンジントンから49番のバスに乗って、このタウン・ホールの
前を過ぎた所で降り、この近所での社交ダンス(アマチュア用の初級クラス)の
レッスンに通っていました。このあたりは、私にとって想い出深いエリアです。


IMG_5425_1_1.jpg



このフェアは、ストール数がそれほど多くなくて、キッチン雑貨や
その他もろもろの雑貨などはあまりなく、比較的高級品が多いので、
買うものはあまりないのですが、建物の内装が素晴らしいのです。

ここに初めて来たときは、こんなところでアンティークの買い物が
できることに感激しました。

2回目からは、あんまり買うものがないなぁと思って、それほど
感激もしなかったけれど、今年はひさしぶりなので、また感激。


IMG_5443_1_1.jpg



内装を撮っていると、出店していたおじさんが、「あそこに上がるといい眺めだよ。」と、
階段を6~7段上がった、小さな舞台のようになっている場所を教えてくれたので、
そこから撮りました。

こんなふうに、商売に関係なく親切で温かい言葉を掛けてくれる人がいるから、
食べ物がまずくても、物価が高くても、イギリス旅行は止められません。


IMG_5442_1_1.jpg



メイン・ホールの横にも小部屋があります。


IMG_5435_1_1.jpg



メイン・ホールの右横の廊下にも、ストールが。


IMG_5437_1_1.jpg



メイン・ホールの左の廊下に出店している方は、ケントのロチェスターに
店舗を持っていて、ロンドンではここでしか売っていないそうです。

このストールは、一見高級品が多いように見えますが、小さなものも
良心的なお値段で売っているので、何年か前にちょっとした物を買って
以来、いつも真っ先にここを見ます。

ここで、レースのテープのようなものを買ったけれど、まだ写真を
撮っていないので、また後日。


IMG_5429_1_1.jpg



ティー・ルームは、以前と内装は同じだけど、高級な雰囲気に改装されていて、
ちょっとがっかり。

以前は、椅子とテーブルが少なく、壁際に長椅子があって広々としていて、気軽に
休憩もできる雰囲気でした。

8年前のサッカーのワールド・カップの年は、カウンターの中にスタッフが
いませんでした。

その年は、出店していたおじさんがカウンターに入って、冗談かまじめか
分らないけれど、「今日はイングランドが試合をやってるからタダだよ。」
と言って、紅茶を入れてくれたりして、得した気分になれたものでした。

今年もこの日はイングランドが試合をやる日だったけど、そんな雰囲気は
まったくなし。


IMG_5449_1_1.jpg



ケンジントン・ハイ・ストリートの北側にも、昔は、似たような内装の
ケンジントン・タウン・ホールがありました。そこで開催されたダンス・
パーティーに一度だけ行ったことがあります。

普段着で気軽に参加できる催しだったけれど、内装の素晴らしさに酔って、
ダンスは下手でも、まるで、中世の貴族になった気分でした。

ケンジントン・タウン・ホールの方は、何年か前に改装されて近代的な
内装になってしまったけれど、このチェルシー・タウン・ホールは、
いつまでもこのままであってほしいものです


次回は10月3日(その次は11月7日)開催。
11 AM - 5:30 PM
入場料 4ポンド




アンティークと雑貨 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。