イギリスとアンティークその他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スピタルフィールズ・マーケット再訪

IMG_4270_1_1.jpg


先日、イギリスの庭園に関するテレビ番組で、イギリス人が球根を植えるとき、
「整然と並べると兵隊が並んでいるみたいで、面白くない。ばら撒くようにして
植えるのがコツだ。」と言いながら植えていました。アンティークの並べ方も、
整然とし過ぎるよりも自然な感じで並べるほうが面白いと考える人がイギリスには
多いように思えます。

大雑把なディスプレイの仕方だけど、けっこう古くて値打ちのあるものが
あったりして、ツウ好みのものが売られているのが、このスピタルフィールズ・
マーケットの特徴でもあります。




IMG_5055_1_1.jpg


古書。

中身を見るのに時間がかかるので、買わなかったけれど、
内容はともかく、いい挿絵のある本を1冊くらい買ってもよかったかな、
と、いつものようにちょっぴり後悔。




IMG_5054_1_1.jpg


古い紙モノ。
Cecil Court あたりにあるものよりずっと値段が安そう。




IMG_5057_1_1.jpg


化石も珍しいけれど、ディスプレイに使われているプリンター・トレイや
左方の、仕切りのある木の箱が素敵。

木の箱が売り物だったら、買いたかった。




IMG_5060_1_1.jpg


Hornsea のティー・セットは、単独で見ると地味だけど、ここでは、チーク材の
テープルや周りの家具と色が合っていて、レトロ・モダンな雰囲気が、
なかなかいい感じ。

こういう風にセッティングするといいもんだなぁ、と売り手のセンスに感心。



IMG_5073_1_1.jpg


ファブリックや絵も。




IMG_5063_1_1.jpg


アンティーク・マーケットなのにラベンダーの鉢植えも。




IMG_5071_1_1.jpg


食べ物もありました。



この日、以前紹介した、懐中時計のキー、5個のうち3個だけしかない半端ものの
ポーカーダイス、フランスの四つ葉のキー、それに、紙ものを2枚購入。




(この更新記事は、スポンサー広告を消すためのものです。一定期間更新しないと
広告が出るので。)





アンティークと雑貨 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。