FC2ブログ

イギリスとアンティークその他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Midwinter の Lakeland (レイクランド)

IMG_5923_1_1.jpg


Midwinter の Lakeland を使った朝食。

Lakeland は、1968 年に Jessie Tait がデザインしたもので、
まさにモダン・アンティーク・テーブルウェアと言えます。

Midwinter の中では、Pierrot と同じかそれ以上にレアなため、私は
カップ&ソーサー、ティー・プレート、サラダ・プレート2枚しか
入手できていません。

残念ながら、ポットとミルク・ジャグが手に入らないので、
なんにでも合わせられる白で我慢しています。

(ポットは、一応、Arundel という田舎で買った
ヴィンテージものです。)




IMG_5959_1_1.jpg


現在ロンドンに赴任中で、この Lakeland を大好きなぽんたさん
(またの名は、どろんこなっくさん)は、Lakeland を沢山お持ちで、
愛情あふれる描写をなさっています。

あ、「ぽんた」さんではなくて「ぽんたです」さんでした。失礼しました。




IMG_5955_1_1.jpg


(写真では黒く見える)濃いオリーブ色とターコイズという
絶妙な色の組み合わせがたまりません。

濃いオリーブ色は地味だけど、ターコイズ色と、花びらという形の
せいか、とってもラブリーです。

花びらは、微妙に形が異なるもの4~5種類を組み合わせてあり、
まるでハサミを使った、紙の切り絵のようです。

一見、花びらだけのように見えるけど、少しだけ水玉も
散りばめられています。




IMG_5962_1_1.jpg


バックスタンプの色も、普通は黒が多いのですが、Lakeland では表の柄の
色のひとつである濃いオリーブ色を使っているところが、洒落てます。

「Modern Antique Tableware」という本には、「子供が作ったような
ピュアな感覚あふれる、懐かしい印象の作品」と書かれていました。



Tableware |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。