イギリスとアンティークその他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「わたしを離さないで」(カズオ・イシグロ著)を読みました。

カズオ・イシグロ氏は、日本生まれのイギリス人作家(両親は
日本人)で、1989 年に「日の名残り」で、イギリス文学の最高峰
ブッカー賞を受賞しています。

原題は Never Let Me Go で、訳者は土屋政雄氏です。

設定は切ないものだったけれど、日本のテレビのインタビューでイシグロ氏
自らが話しておられたように、「人にとって大切なものは、金や権力や
出世ではなく、愛情や友情や赦すこと」ということに、今さらながら
感動しました。

このような才能ある作家にブッカー賞という名誉ある賞を与えた
イギリス文学界の、作家を評価する眼力に敬服します。

私自身は、この本の、ノーフォークでテープをさがすところや、主人公が
ポxノ雑誌を調べる理由が分ったところで、泣けました。

この本を贈ってくださった T さんに謝意を込めて。



芸術と文化 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。